忍者ブログ
身に覚えがないのにローン審査が通らない もしかしたら間違いでブラックリストに載っているかもしれません そんな時に信用情報開示請求を任せられる専門家に依頼してみましょう
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

債務を滞った状態が続くと信用情報に異動という状態が記述されます。

これが世に言われているブラックリスト入りという状態です。

このような状態を知るにはどのような手続きが必要なのか見てみましょう

先日信用情報(CIC)に開示したところオリエントコーポレーションにて3件の異動がついておりました。
内容はすべてオリエントコーポレーションでの登録で、自動車ローン、クレジットカード、生活用品の分割払の3つの債券です。
現在オリエントコーポレーションからの催促などはなく最終支払日から5年以上は経過しており時効の援用を考えています。
ただこのような場合援用の通知を送っても債務の特定ができないなのではないかと思っています。
催促もきていないため契約番号なども不明です。
こういった場合、内容証明に信用情報記載の契約日時などを記載してもよいものでしょうか?
時効の中断理由にならないように債務が特定できる内容証明の書き方はどのように行えばよいのでしょうか?
先日別の弁護士に相談しましたが催促がきてからでいいのではないかとも言われましたが、
催促がこなければどうしようもないのでご回答いただければとも思います。
<引用元:http://www.bengo4.com/saiban/1131/b_291616/>

こういった情報は信用情報を管理してる会社がお知らせしてくれる訳ではありません

自分の信用情報は信用情報開示請求を行わなければ、知る事ができないのです。

もしローンの審査などを行う予定がある場合は、一度信用情報開示を考えてみてはいかがですか?


信用情報開示したいけど時間がない
そんな方は専門家へ相談しましょう
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示
PR
AD
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示
rank
ホームページランキングRank Now!

BS blog Ranking

ランキング

ランキング一括投票
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 個人信用情報開示請求ができる専門家 All Rights Reserved.
忍者ブログ/[PR]